【画像】存在が大きすぎる愛犬を実際に巨大化してみたらファンタジー溢れる写真になった

730e1139


写真家のクリストファー・クライン は、2014年8月にゴールデン・ドゥードルという品種の犬を飼い始めた。
ジョジと名付けたその愛犬の存在が、自分の生活の中でどんどん大きくなっていった。

それを表現しようと、クラインはジョジを撮影し、その写真に自分を小さく加工したり背景を編集したりと、存在の大きさをジョジを巨大化することで表現した。
クラインにとってもうジョジはなくてはならない存在で、それほどまでに大きかったのだ。