アメリカの研究でFacebookはコカインと同等の依存性がある事が判明!!

fb_icon_325x325


脳波測定によって、フェイスブックを使用するとコカイン服用時と同じ領域が活性化することが判明した。
研究を発表したのは、アメリカ、カリフォルニア州立大学のオフィル・トゥレル教授である。 トゥレル博士は、大学生を対象にアンケート調査と実験を行った。
その結果、フェイスブックの依存度が高い被験者は、コカイン中毒患者と同等の脳波パターンを示したという。

トゥレル博士は、計20名の大学生を対象に、フェイスブックに関連する不安、離脱症状、葛藤など、自身の”依存症的な”症状を評価してもらうアンケート調査を実施した。